病院で使われるまつ毛の育毛剤ってどんなもの?

まつ毛を太くしたり長くしたりするために病院を訪れる人もいますね。病院で使われるまつ毛の育毛剤、気になりますね。

 

病院でのまつ毛の育毛

 

病院では皮膚科や美容皮膚科などで薄いまつ毛や細いまつ毛などのまつ毛の悩みに相談にのってくれるようですね。
そして治療もできるのです。

 

そのまつ毛育毛剤として使われている代表的なものが、グラッシュビスタと呼ばれるものです。
もともとは緑内障の治療薬として使われていたビマトプロストで、この目薬がまつ毛が伸びる作用があるという点に着目し、まつ毛の育毛剤として新たに開発されたものです。

 

アメリカのアラガン社によって開発されたものですが、日本でも厚生省の認可を受けて使われています。

 

まつ毛の貧毛症という病名の治療薬として使われているのです。
医薬品ですから医師の処方がないと使えませんね。

 

1日一回、まつ毛の付け根に塗るだけなのですが、やはり育毛剤というだけに、効果が期待できるようです。

 

 

育毛剤と美容液の違い

 

では市販されているまつ毛美容液と医療用の育毛剤との違いはなんでしょう?

 

まつ毛美容液はまつ毛に栄養を与えて、ハリやツヤを与えてくれます。もちろん、太くなったり長くなったりという効果もあるようです。実際に使ってみた人が、スカスカしてたまつ毛がフサフサしてきたという人もいるのですから。
ただ、その効果は個人差がありますね。

 

一方育毛剤と呼ばれる医療用の薬であれば、ハリやツヤはあまり期待できないかもしれませんが、発毛作用はあるので、まつ毛が増えたり、太く長くなるということも期待できます。

 

本当にまつ毛が貧弱でスカスカして見栄えがよくないというのであれば、こうした治療をしてくれる病院を探して相談すると一番早く効果が出てくるのではないでしょうか。

 

 

ただ、病院に行くほどでもないし・・というのであれば、市販されているまつ毛専用美容液やマスカラ美容液などを使ってケアしてみるのも良いと思いますよ。

 

まつ毛に良いと言われる食品を積極的に摂るというのも良いでしょうし、さらには、まつ毛専用サプリも販売されていますので、試してみるのも良いかと思います。